養生らいふHack

生きのびるための養生

養生ライフハック 3つのルール

こんにちは、蓮花(れんか)です。今日は、私が日々実行している‥というか、気をつけている養生ポイントをご紹介します。

f:id:lotas48:20150924055026j:plain

ミントBlue...シンプルandクリアな写真素材

 1.冷やさない

特に、足の冷えに注意しています。

お風呂のお湯や空気もそうですが、暖かい温度というのは上に昇りやすいです。反対に、冷たい温度は下に降りやすい。

そして、暖めたほうがいい臓器は下半身に多く、上半身や頭部には、熱をこもらせてはいけない器官があります。

足を温めることで、下半身に暖かさを呼びやすくし、上半身に熱がこもるのを避けるのです。

冬よりも夏のほうが注意が必要かもしれません。公共の場所の冷房の効き過ぎは、すごいものがありますからね。頭寒足熱。これがひとつめのルールです。

2.溜めない

からだからは色々な老廃物が出ています。

それらを溜めこまず、さっさと出ていってもらう。トイレ方面のこともそうですし、汗や、咳、痰、皮膚症状に至るまで、様々です。

時には、感情も。怒りとか悲しみとか、マイナスの感情ですね。

食事の内容だったり、それぞれに効果の高いお茶だったり、時には漢方薬だったり。あらゆる手段を使って、いろいろなものを出す努力をしています。

からだから出ていくものは「いらない」もの。それをいつまでも残しておいては、今度は”毒”になってしまいます。

出ていくはずのものは、溜めこまない。これがふたつめのルール。

3.滞らせない

抽象的な言い方になりますが、からだの中には小川が流れている‥とイメージしてみて下さい。

実際、からだには、血液だの水分だの、脳から発信された神経信号だの、いろいろなものが流れています。

それら全てが、小川のようにさらさらと流れている‥それが理想の状態なのです。

どこかの流れが悪くなったり、詰まったりすると、途端に不具合が生じます。「冷え」にもつながりやすくなるので、最重要チェックポイントです。

からだの中の流れを止めない。これがみっつめのルールです。

 

わりとシンプルなルールなんじゃないかな、と自分では思っています。

特に厳しい食養生もしていません。野菜しか食べないワケじゃないし。時にはジャンクなものや、高カロリーな食事もします。

大事なのは、メリハリだと思うのです。からだに老廃物が溜まりやすい食事や生活ばかりを、しない。

老廃物を出す力はあるけど、栄養はいまひとつな食事を、続けない。

両方を使い分けることで、「溜めない、冷やさない、滞らせない」を実践できると思うのです。

 

具体的にはどんなことをしてるのか‥というのは、これからおいおいお伝えします。いつになるかわかりませんが(←こら)、気長に待ってて下さいね。

 

 


あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved