養生らいふHack

生きのびるための養生

気候が身体にもたらす影響

f:id:lotas48:20170423140604j:plain

こんにちは、蓮花です。気候はどんな影響を身体に与えるのでしょうか?

 

影響は6種類

四季というのは4つの季節ですが、もう少し細かく6つの気候の変化に分類されます。

気圧や気象の変化、空気の流動などを表します。季節は春。春は風が吹きますね。

暑さ

気温と湿度のの上昇。季節は夏です。

暑さよりも、もっとすごい温度の上昇です。真夏の熱中症などはこれが原因です。

乾燥

秋の代表的な気候の特徴ですね。

湿度

梅雨や秋の台風シーズンに多い特徴ですね。

寒さ

これは気温の下降のこと。季節は冬です。


上の4つ、風・暑さ・熱・乾燥は、温度でいえば高いほうに属します。

あとの2つ、湿度と寒さは、文字通り低い温度と関係しています。


不調の原因への変化

とはいえ、その季節の気候に罪があるわけではなく。春が春らしく、夏が夏らしくあれば、からだに悪さをすることはないのです。

例えば、夏が異様に暑すぎたり→(夏バテや熱中症の原因)、反対に冷夏で日照が足りなかったり→(湿度が上がって関節痛を誘発)、

はたまた、冬なのに汗をかくほど気温が上昇したり→(熱が出やすくなる)。そうした、過剰・不足・不相応という条件が加味されることで、悪さをするのです。

身体への侵入経路は?

身体で外気に接している部分といえば、まずは皮膚。そして、呼吸器。

呼吸器から冷たい空気が体内に入ると風邪をひき、体幹部を冷やせばお腹をこわし、熱い空気にあたり過ぎれば熱中症になる。

湿気が関節に停滞すると膝や腰が痛くなり、乾燥した空気が喉に炎症を起こす。

こうし気候の影響は身体へと侵入し、症状を引き起こすのです。


さて、次回は、それぞれの特性についてお話したいと思います。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved