養生らいふHack

生きのびるための養生

陰陽とは?

こんにちは、蓮花(れんか)です。陽が射せば、影ができる。昼が過ぎて、夜になる。太陽が沈み、月が顔を出す。すべて当たり前に行われている自然の営みですが、あるひとつのルールに則っています。

f:id:lotas48:20170424180603j:plain

 

陰と陽

漢方では、世の中の全ては陰と陽の要素に当てはめることができる、とされています。

陰と陽は、互いに対立したり、増えたり減ったりしながら存在します。

この考え方を、人の身体の生理機能、薬物や食べ物の分類に当てはめ、陰と陽のバランスをとることで健康を保つことができる、と考えられています。

陰陽の対立

自然界の全ての現象には、陰の要素と陽の要素があります。そしてその2つは、互いに反対の性質を持つのです。

陽の要素の代表的なもの

天  日  昼  上  外  動  熱  火  春夏  明  男

陰の要素の代表的なもの

地  月  夜  下  内  静  寒  水  秋冬  暗  女

陽の「天」と陰の「地」は正反対のものですね。日と月、昼と夜などなど‥これらが陰陽が対立するということです。

陰陽の変化

陰か、陽、どちらか片方だけが存在するということは、ありません。どちらかが絶えず存在していて、一方が盛んになると片方は衰えたり。陰と陽は、この変化を繰り返しているのです。

例えば、春から夏にかけては陽の季節です。陽の要素である暑さがどんどん強くなります。そして、夏至を境に陰と陽が入れ替わります。

秋冬に向かって、陰の要素の寒さが強くなっていきます。そして冬至を境に、今度は春の暖かさへと変化していきます。

こうして、陰と陽はその量と質の変化を繰り返しているのです。

身体の陰陽

人の身体では、どうでしょう?ざっくり分けると、まず、体内は陰、体表は陽です。

身体の中は外に比べると潤っているので、陰の要素と捉えます。

温度は上へと昇るので、上半身が陽、下半身が陰。上=陽、下=陰のルールが適用されます。

身体の内側の陰陽

血液と水分は、陰に属します。水分ですからね。エネルギーは陽です。エネルギーには身体を温める作用があるので、陽の要素となります。

エネルギーは食事などから陽として身体に取り込まれますが、消化吸収を経て血液や水分にもなります。すると陽から陰に変身!陰陽の変化が行われるのですね。

 

いろいろなものに当てはまる陰陽のルール。雨が降ったら「"陰"が降ってきた」、陽が射せば「"陽"が射してきた」、月の輝く夜には「"陰"の帳が下りてきたな」などと考えてみると、自分の暮らしに密着した近しいものに思えてきますよ。


あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved