養生らいふHack

生きのびるための養生

暦の上ではウインター‥『立冬』

こんにちは、蓮花(れんか)です。『立冬』は11月7日頃にやってくる二十四節季のひとつです。

f:id:lotas48:20170423173614j:plain

まだ11月になったばかりですが暦の上ではウインター、つまり冬の始まりです。

 

この季節の養生ポイント

寒さが本格的になろうとする季節は、どんなことに注意すればいいのでしょう?

冬は”冷え”との闘い

外気温が下がって、空気の中に寒さが潜み始めます。寒さが好きなのは、泌尿器系やホルモン系など、腰回りです。

仮にですね、「寒さ」という名のキャラクターがいるとします。唐突ですが。うすら寒そうな灰色をして、着ている着ぐるみも煎餅布団みたいで、いかにも寒そう。このキャラが、後ろからあなたの腰にしがみついている‥とイメージしてみて下さい。

そんなふうにして、寒さはからだを襲うのです。この幸薄そうなキャラを寄せ付けないことが、重要な養生ミッションになります。

温かさとエネルギーを補う

寒さに身体を襲われるということは、温かさが足りない状態。で、あれば、解決策は温かさを補うことです。

温かさはエネルギーから作られます。なので、温かくしてエネルギーを補ってあげれば良いのです。

エネルギーを補う食べ物

豆類

余分な水分の代謝を促し、泌尿器系をすっきりさせます。

筋肉を強化し、足腰のだるさを解消。泌尿器系にも効果があります。

フカヒレ

高級食材なだけあって、からだのすべてにエネルギーを補います。

カツオ

泌尿器系をすっきりさせ、足腰のだるさを解消します。

太刀魚

疲労回復や食欲不振に効果があります。

うなぎ

足腰の疲れや痛みに効果があります。

豚マメ

豚の腎臓です。同じものを食べて治す‥古くから伝わる養生の手法です。

山芋

山薬という名で漢方薬にもなるほど、効果が高い食べものです。泌尿器系に。

温かさを補う食べもの

くるみ、海老、鮭、羊肉、杜仲など。

 

lotusflower.hateblo.jp

 

頭寒足熱

心臓、脳など、熱を産み出す器官は、身体の上のほうに集中しています。なので、そういう器官のない下半身を、上半身よりも温めることが重要です。靴下やレギンスなどを穿いて、足元をしっかり温めます。

中国の上海では、毎年この時期の漢方医院は大混雑します。冬になる前に、身体を養い冷えに打ち勝つ為のスペシャ漢方薬を調剤してもらうためです。

人それぞれ、体質によって調合は変わります。時間をかけて問診を受け、自分だけのために配合してもらうカスタマイズ漢方薬です。

上海をはじめとする中国江南地方独特の習慣だそうです。 ひと冬かけて飲む薬なので、煮詰まって濃い飴状になっています。それをお湯に溶いて、毎日飲み続けるのです。あぁ、なんて贅沢。

同じことはできないけれど、からだと自然の仕組みを知って、今の自分に必要な食べ物や暮らし方を選ぶことができる。そんなカスタマイズ養生も、可能なのですよ。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved