養生らいふHack

生きのびるための養生

冬のMAX‥『冬至』

こんにちは、蓮花(れんか)です。12月22日頃に訪れるのが、二十四節季の冬至です。

f:id:lotas48:20170423182054j:plain

夏至の対極にある冬至、それぞれの季節が極まった時を意味します。つまり、冬至は冬のMAXなのです。

 

古では‥

冬至を迎える今は、1年でいちばん日照時間が短い頃です。

 

lotusflower.hateblo.jp

 

この日を境に日照時間が長くなることから、古代では1年の始まりの日としていたそう。また冬が極まり春に転じることから、「禍から転じて幸福が訪れる日」でもあったそうです。

でも寒さはこれから

とはいえ、実際の気温はこれからまだまだ下がっていきます。カゼやインフルエンザもこれからが本番です。

本格的な寒さの到来を前にして、日照という温かさが増えるのは、少しでも寒さに打ち勝てるように‥という、自然からの贈り物なのかもしれませんね。

冬至の養生ポイント

日本には古来、冬至にゆず湯に入るという養生法がありますね。

効能については、血行促進というところなのですが、意外なところでは、冬至→湯治(とうじ)、ゆず→融通(ゆうずう)‥からの、

 

お湯に入って融通良く行きましょうヽ(*⌒∇⌒*)ノ ‥

 

というダジャレ説もあります。‥誰だ、これ考えたの。

血行促進ですが、これはダジャレではなく本来の効能のようです。 ゆずは柑橘類で、これらは身体の巡りをサラサラにする作用があります。

巡りが良くなれば、血液の流れも良くなります。お湯に浸かる温浴効果と併せて、身体を温め、血流を良くすることが目的なのですね。

ゆずは香りにも効果があります。(ゆずのみならず柑橘系はみんなそう)香りを嗅ぐことで巡りを良くし、気持ちを安定させます。

 

忙しい年の瀬。温かいゆず湯に浸かって、気持ちをリフレッシュさせる。そうして1年を折り返し、次の季節を元気にスタートさせる。時代が変わっても、人の心は変わらないのですね。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved