養生らいふHack

生きのびるための養生

寒い夜だから‥『大寒』

こんにちは、蓮花(れんか)です。大寒は1月20日頃に訪れる二十四節季のひとつ。1年でいちばん寒いとされる日です。

f:id:lotas48:20170423183817j:plain

1月5日の小寒とペアで「寒の内」とも呼ばれます。

 

lotusflower.hateblo.jp

 

寒さのMaxから春へと転じる立春までは、寒さとのガマン比べが続きます。

 

冬のお楽しみ‥スープ料理

寒い季節しか楽しめないもの‥冬のお楽しみのひとつに、温かいスープがあります。温まるし消化もいいスープは、冷えたからだに嬉しい料理ですよね。

特にこの季節に必要なのは、強力に温める力。そんなパワーを持ったにんにくと卵を使ったスープはいかがでしょう?

にんにくの薬効

身体を温め、特に、胃腸系、呼吸器系に効果があります。お腹の調子を整え、食欲を増進します。強い解毒作用と排膿作用があることから、外用に使われることもあるそう。身体の中に侵入しそうな寒さを撃退する効果もあるので、カゼの予防にもぴったりです。

卵の薬効

温めも冷やしもしない、平らかな性質を持ちます。身体のすべてに効果を発揮する万能選手です。内臓の組織に潤いを与え、血液を造りやすくする効果があります。

レシピ

にんにくと卵のスープというと、スペイン料理のソパデアホが有名ですね。

cookpad.com

にんにくをオリーブオイルで炒め、チキンスープを使うのが基本のレシピのようです。油をごま油に変えると、中華風にもなりますね。酢とラー油を加えると、酢辣湯(サンラータン)にもなりますね。

cookpad.com

温かく消化のいいものを食べて、暖かくしてたっぷり眠る。今の季節は、そうして寒さをやり過ごす養生が有効です。 「春が立つ」と書く立春までは、あともう少しですから。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved