養生らいふHack

生きのびるための養生

春が立つ‥『立春

こんにちは、蓮花(れんか)です。二十四節気立春は2月3~4日…ちょうど節分の頃にやってきます。

f:id:lotas48:20170423191457j:plain

暦の上ではこの日から、春の始まりです。まだ、寒さは残りますが、これからは、梅の花も咲き始め、少しずつ暖かくなってきます。

 

'春の気立つをもって也'(暦便覧)

「立つ」とは「新しい季節が始まる」という意味です。寒さはまだ厳しいものの、自然界においては少しずつ春の足音が聞こえてくる時期。農作業を行う上で重要な八十八夜や二百十日なども今日を起点にして数え始めます。

春の三か月は「発陳」(はっちん)といい、木々は芽吹き、万物が生まれ始める時期。「陳」とは「古いもの」という意味で、「発陳」(はっちん)の時期には古い考えを捨てて、新しく行動を始めることが養生につながると言われています。

冬の間に溜まった老廃物という「古いもの」を排出するために、寒さから身を守る為にきゅっと締っていた毛穴が開くのも、「発陳」(はっちん)の現象と言えるかもしれませんね。

でも、まだ冬

とはいえ、現実にはまだ2月。これから雪が降る日もあることでしょう。いま毛穴に開いてもらっては、寒さを身体に取り込むことになってしまいます。

本当に暖かさを感じるまで、身体もそのことはわかっています。今の季節は、春に備えて「これから暖かくなると毛穴が開く」ということを心に留めて、老廃物を出ていきやすい体内環境を整えておいたり‥

その心掛けだけでも立派な養生と言えるかもしれません。

春風のいたずら

立春の後に初めて吹く強い南風を「春一番」と言いますね。春は風が強い季節として有名です。

強く吹く風は、身体の中の巡りにも作用します。

lotusflower.hateblo.jp

 もちろん、身体が万全ならば、風の影響は受けないのですが…少し体調が不安定な時に強い風の影響を受けると、身体の巡りに異変が生じます。それまで順調に流れていた巡りが、強い風によって乱されるのです。

巡りが阻害されてしまうと、せっかく古い老廃物を排出しようとする力を、妨げることになってしまいます。季節の特徴である風の影響を最小限にし、身体本来の機能を十分に発揮する為にも、この季節の体調管理は重要だと言えます。

エネルギーをチャージ!

身体の中から外に何かを押し出すには、エネルギーの力が必要です。

どの季節にも必要な要素ですが、春は老廃物を身体の外に押し出す為に、確実にエネルギーが必要になります。そして、エネルギーは、食事と睡眠によって作り出されます。この2つをおろそかにせず、しっかりとエネルギーを身体に蓄えることが重要です。

老廃物を外に押し出すエネルギーを蓄え、季節の特徴である風の影響を受けにくい状態を目指す。。そこに気を付けて残りの冬を過ごせれば、春の体調管理がラクになります。

季節と身体の特徴を知って、一歩先を見た養生を実践したいものですね。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved