養生らいふHack

生きのびるための養生

世界がきらきら光り輝く‥『清明』

こんにちは、蓮花(れんか)です。明後日の土曜日は、二十四節季の清明。ものみな光輝く季節です。

f:id:lotas48:20170423194244j:plain

 

春が本格化

啓蟄に土から顔を出した植物の新芽も、この頃になると、もうずいぶん生長しています。これから上昇する気温と共に、ぐんぐん背丈を伸ばしていきます。春から夏は、成長の季節。それが本格的に動き出すのが、この頃です。

清明

中国では清明節(しんみんじぇ)といって、ご先祖さまの供養を行う祝日です。日本の春のお彼岸みたいなものですね。春節国慶節のように長いお休みではありませんが、みんなお墓詣りに出かけます。

お彼岸といえば、お菓子

上海などでは青団(ちんとぅあん)という、よもぎ餅を食べる習慣があります。中に小豆のあんこが入っていて、お彼岸のおはぎと、よく似た習慣です。3月も半ばを過ぎると、街には青団が出回り始めます。店先からは、よもぎのいい香りが漂います。上海で好まれる龍井茶(ろんじんちゃ)という緑茶に合う、爽やかな春の香りです。

この季節の食養生

春はエネルギーが立ち上り、そして発散しやすい季節です。だから、冬の間に溜まった毒素も排出しやすくなるのです。 なので、酸っぱい味を多く摂るのは、ちょっとおあずけです。酸っぱい味はからだを引き締めてしまうので、発散しにくくなるのです。

そして、胃腸を養う。穀類やイモ類などの自然な甘味が胃腸にやさしい。歓迎会などの”春の飲み食いシーズン”ですが、なるべく無理はしないで。

休日には春の日差しを浴びて、素朴なお菓子とお茶でひと息‥なんていかがでしょう?

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved