養生らいふHack

生きのびるための養生

夏の香り‥『立夏』

こんにちは、蓮花(れんか)です。5月5日は子供の日‥暦の上では夏の到来です。

f:id:lotas48:20170423194659j:plain

 

‘夏の立つがゆへ也’(暦便覧)

GWのクライマックス、子どもの日。暦の上ではこの日から夏です。

夏の三ヶ月は「蕃秀(ばんしゅう)」と言います。「蕃」とは草木が生い茂ることを言い「秀」とは穂が出て花が咲くという意味で、万物が繁栄し、花咲き実る季節です。

夏至に向けて昼の時間がだんだん長くなっていくため、ついつい夜更かしがちになりますが、朝は早起きして体を動かす生活を続けていくと、新陳代謝が活発になると言われています。

やがて来る梅雨には余計な水分が身体に溜まりがちになります。今から代謝を活発にして、すっきりとした雨の季節を迎えたいものですね。

またこの時期は日差しも強くなり徐々に暑くなりますが、イライラせず、楽しく過ごすことが大切です。陽射しを受けてするすると生長する植物のように、気持ちを外に向けて、上手に発散させていきましょう。

皐月の病

ところで‥5月といえばコレ。五月病。 この時期は、4月からの緊張やストレスが、心や身体に表れやすくなります。

憂うつ感や不眠、肩こり、皮膚のトラブルといった症状が出たら要注意。上手にストレスの発散や気分転換をしていきましょう。

5月は1年で最も天気が安定し、本来であれば体力も充実する季節。外に出て運動したり、森林浴を楽しむなど、爽やかな自然のエネルギーをたっぷり身体に取り込み、夏に向けてパワーアップをはかりましょう。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved