養生らいふHack

生きのびるための養生

梅雨が明けたらヤツらがくる‥『小暑』

こんにちは、蓮花(れんか)です。7月7日は七夕の日。二十四節季では小暑(しょうしょ)です。

f:id:lotas48:20170423201714j:plain

 

大暑来れる前なれば也’(暦便覧)

梅雨明け間近となり、これからは暑さもだんだん本格的になります。高温多湿の日本では暑さに湿度の要素が加わり、身体にこたえる季節です。

暑さと湿気が一緒になると‥

暑さがからだを襲うと毛穴が開き、大量発汗で水分を消耗し、身体は熱くなってきます。さらに身体の中の臓腑にまで暑さが到達すると、意識不明などの重篤な症状があらわれることもあります。

lotusflower.hateblo.jp

湿気は下に重く溜まる性質があるため、身体は重だるく、下半身にむくみが出やすくなります。

さらに湿気には、身体にこびりつく性質もあり、リウマチや関節痛などの悪化の原因になります。

また、身体に水分が停滞すると胃腸の働きを妨げ、食欲不振やお腹のつまった感じ、嘔吐などの症状が出てしまうこともあります。

lotusflower.hateblo.jp

暑さと湿気‥どちらもからだに悪さをするチンピラみたいな存在です。これら暑さと湿気の両方に襲われることで、いわゆる夏バテ症状が起こってしまうのです。

夏に気を付けたい症状

そして、蒸し暑い日が続くこの時期は胃腸に疲れが溜まり気味。「食欲がない」、「ムカムカする」といったシグナルを感じたら、胃腸の負担を減らし、早めにケアしてあげましょう。

消化器は食物からパワーの素を作り出す大事なところ。働きが悪くなると、うまくパワーチャージができなくなり、「身体がだるい」、「やる気が出ない」といった状態になってしまいます。

暑さが本番を迎える前に胃腸を整え、しっかりパワーを充電しておきましょう。

ウリ科の食材を食べよう

きゅうり、苦瓜、冬瓜、スイカ、メロンなどは、体にたまった無駄な水分を排出し熱を冷ますので、熱中症予防にも最適です。

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

ウリ科と言えば、かぼちゃもおすすめです。冬至の日に食べる習慣があるため、冬の食材と思われがちですが、実はかぼちゃの旬は夏。体を温め、その甘味が元気を補うので、クーラーや冷たいものの飲食などで内臓が冷えた時の体力回復にもってこいの食材です。

cookpad.com

美味しくて栄養価も高い旬の食材を上手に活用して、今年の猛暑を乗り切りましょう。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved