養生らいふHack

生きのびるための養生

暑さはまだぜんぜんやんでいませんが‥『処暑』

こんにちは、蓮花(れんか)です。8月23日は処暑。「処」とは「暑さがやむ(処む)」という意味だそう。まだまだ暑さは真っ盛りですが、季節は確実に、秋へと動いています。

f:id:lotas48:20170423210428j:plain

 

‘陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也'(暦便覧)

夏至を過ぎてから暑さは減少しつつあり、ひんやりとした空気になりつつあります。

暦の上では、暑さはピークを越えて、後退し始める時期。お盆も終わり、夏の疲れが出やすくなるのは、真夏よりもむしろこの時期。

本格的な秋を迎える前に、体調をととのえておきましょう。

バテてませんか?

なんだか最近調子が悪い‥夏の疲れが気になっているのでは?

身体がほてるタイプ

口が渇き、冷たいものが飲みたかったり‥イライラしやすく眠れない‥顔がほてり、熱がこもりやすかったり‥こんな症状が出たら体に熱がこもってしまっているのかもしれません。

お酒や油っぽいもの、甘いもの、辛い食材(唐辛子、胡椒、山椒、生姜など)を摂り過ぎると熱症状が悪化します。氷や冷蔵庫で冷やしたものではなく、葉物野菜や季節の果物、どくだみ茶など、穏やかに熱をさます食材を利用しましょう。

cookpad.com

胃腸不良タイプ

下痢・便秘などお腹の調子がいまひとつ‥倦怠感があって手足がだるい‥頭が重い‥むくみやすい‥めまいがする‥そんな時は水分や老廃物が体に溜まっているのかもしれません。

過剰な水分摂取には十分注意しましょう。 胃腸を冷やすと内臓の動きが悪くなるため、温かい飲み物を少しずつ飲む習慣を。

南蛮毛(とうもろこしのヒゲ)やハトムギ、あずきなどは水分代謝を上げると言われています。

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

夏負けタイプ

疲れやすい‥食欲がない‥冷房が苦手‥夏ヤセしてしまった‥動悸・息切れがする‥外の暑さと室内の冷房の温度差は、思った以上にからだの負担になっています。

身体が疲れると、食欲も落ち、夜もよく眠れなくなり、更に疲れを呼んでしまう。その悪循環が原因で、エネルギーが足りなくなってしまっている状態です。

まずは心と身体を休めることが大切。 夜に睡眠が取れない場合は、15分程度の昼寝をして補いましょう。

食欲がないときには、お粥や山芋など、消化の良いものがおすすめです。

cookpad.com

cookpad.com

そして美容方面も

これまでの強い陽差しで肌や髪も傷んでいます。髪のパサつきや切れ毛、肌のシミやソバカスなど‥夏の疲れは身体の中だけではなく髪や肌にも残っています。秋の乾燥した空気にさらされる前に身体の内と外からしっかり取り除いてあげましょう。

桑白皮(ソウハクヒ)

クワ科のマグワの根皮。 メラニンの生成を抑制し、過剰なシミやソバカスを防いでくれる代表的な生薬のひとつ。美白効果も期待できます。

まさかと思ったらあった‥

cookpad.com

びわの葉

紫外線や冷房などのストレスにさらされて、粗くなってしまった肌のお手入れに最適。キメを整え、引きしまったハリのある素肌を応援します。あせも対策には、お風呂に入れて浴用として使われます。

あるものだね‥

cookpad.com

白きくらげ

キノコの一種で、乾燥させたものにはミネラルも多く含まれています。 白きくらげは「銀耳(ぎんじ)」と呼ばれ、不老長寿の薬として珍重されてきました。 肌に潤いを与えて、老化を予防してくれる、女性の美肌づくりには欠かせない食材です。

cookpad.com

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved