養生らいふHack

生きのびるための養生

夏から秋への道しるべ‥『白露』

こんにちは、蓮花(れんか)です。9月8日は二十四節季の白露(はくろ)。9月に入り、いよいよ秋が本格的に近づいてきました。

f:id:lotas48:20170423211535j:plain

 

‘陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也’(暦便覧)

白露(はくろ)とは、自然界の陰気が増えて朝晩に大気が冷えることにより、野の草に露がつき、白く光って見える様子を表しています。

夏の疲れを秋に持ち越さない

少しずつ暑さも落ち着き、ようやく過ごしやすくなってきましたが、夏にたまった疲れが出るのも丁度この時期です。

クーラーによる冷え、紫外線による肌トラブル、暑さによる不眠‥夏が残していった疲れは様々な症状であらわれます。

単なる夏バテと侮っていると秋冬まで不調を引きずることも…夏の宿題はきちんと片づけて、気持ちの良い秋を満喫しましょう。

夏の宿題を片付けてくれるお助け食材

夏の疲れを癒し、秋の乾燥に備える為の食材です。

大根

胃腸の消化力をUpしてくれる働きがあります。。暑さや冷たい飲食で疲れた胃腸の”不良在庫”を、大根で一掃してしまいましょう。

cookpad.com

蓮根

根菜ですが、身体の熱を取る作用があります。胃の調子を整える作用もあるので、夏の疲れにぴったりですね。

cookpad.com

里芋

身体に溜まった老廃物を出し易くしてくれます。ぬめり成分のある食材には多い作用なのです。胃腸を健やかに保ち、便秘の解消にも効果的です。

cookpad.com

夏から秋は乾燥にご用心

暑くて湿度の高かった夏から一転、秋は空気が一気に乾燥する季節です。空気の乾燥のダメージを受けやすいのが、呼吸器と皮膚。本格的に乾いた風が吹く前に、食材で先手を打っておきましょう。

ジューシーな梨は、穏やかに熱を冷まし、呼吸器を潤し、痰を出し易くしてくれます。夏の火照りを取りつつ潤いを補い、しっとりとした秋を目指しましょう。

cookpad.com

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved