養生らいふHack

生きのびるための養生

夏と冬の折り返し地点‥『秋分』

こんにちは、蓮花(れんか)です。9月23日は秋分。秋のお彼岸の時期でもありますね。いよいよ本格的に秋へと移り変わる頃です。

f:id:lotas48:20170423212545j:plain

 

陰陽の中分となれば也’(暦便覧)

秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜とがほぼ同じ長さとなる日です。

秋分春分で、日の出・日の入りの方角はほぼ同じなのですが、平均気温を比べると、秋分の方が約10℃高くなります。 これは、秋分の時期には夏の暑さが残っており、春分の時期には冬の寒さが残っているためです。

秋分以降は、涼しさが相対的に増えていくため、徐々に気温も下がり、冬の季節に向かっていきます。

秋の養生ポイント

そんな今の季節は、どんなことに注意をすればいいのでしょう?

夏の疲れはしっかり癒して

秋は、夏に高ぶっていた心と身体が落ち着いてくる季節。夏に消耗したエネルギーを回復させる大事な時期ともいえます。

過度な運動は避けて、早寝早起きを心がけ、質の良い休息をとることが大切です。

また、暑さと湿気でたまってしまった胃腸の疲れをしっかり癒してあげましょう。

熱と湿度を取りきる

夏の名残で、身体の中には熱と余分な水分が残っている場合があります。熱は乾燥を呼ぶので、これから迎える秋に喉や皮膚の乾燥を助長してしまいます。

そして水は気温が下がると身体を冷やします。来るべき秋・冬に備えて、この2つとしっかりサヨナラしておきましょう。

そして、花粉症

漢方の臨床では、花粉症を始めとするアレルギー症状は、胃腸による水分代謝能力が低下することも原因の一つとされています。

夏の名残の余分な水分が、来年の春の花粉症になる可能性があるのです。 思い当たる症状のある方は、今日から毎日、はと麦、小豆、を常食してもいいくらいです。

cookpad.com

cookpad.com

乾燥を防ぎ呼吸器をいたわって

秋は空気が乾燥してくる季節です。秋の空気の乾燥で一番ダメージを受けるのが、呼吸器。ここに潤いがなくなると、咽が痛くなったり、咳が出やすくなったり、しやすくなります。

また、乾燥は皮膚や大腸の潤いにも影響を与えます。 肌が乾燥したり、便が乾燥して便秘につながることも。この時期は 白きくらげ、百合根などを上手に取り入れ、内側からもからだに潤いを与えてあげましょう。

そろそろ本格的に、夏の暑さから秋の涼しさへと移行していきます。夏にやり残した宿題を片付けるのは、これが最後のチャンスです。

快適で健やかな秋冬、それに続く爽やかな春を迎える為にも、秋の養生の集大成、しっかり完成させてくださいね。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved