養生らいふHack

生きのびるための養生

朝露に冷たさを感じたら‥『寒露』

こんにちは、蓮花(れんか)です。10月8日は二十四節季の寒露(かんろ)。気持ちよく晴れた日が続き、秋がどんどん深まっていきます。

f:id:lotas48:20170423213053j:plain

 

‘陰寒の気におうて、露むすび凝らんとすれば也’(暦便覧)

朝露も冷たくなり、朝晩、少し肌寒さが感じられるようになりました。暦の上ではそろそろ衣替えの時期。昼夜の寒暖の差が激しいので急に厚着にならずに、小まめに衣服を調節していきましょう。

動物たちが冬ごもりに備えるように、私たちの身体も冬に向け、栄養を蓄えようとする動きが活発になっています。

この時期は、食べ物もおいしくなる実りの秋。自然の恵みを上手に取り入れて、身体の中からも冬支度を始めていきましょう。

この季節の養生ポイント

秋から冬への橋渡しとなるこの季節。どんな対策が必要なのでしょう。

冷やさない

当たり前ですが、これからどんどん気温が下がります。毛穴は閉じ、身体は全体的に省エネモードへと移行していきます。

そうなると血流が滞り、身体の機能が低下してしまうのが心配です。身体を冷やさず、隅々までよく動かすことで、血流を巡らせましょう。

エネルギーを補う

寒くなると身体の機能が低下するだけでなく、カゼなどの外敵に侵されやすくなります。免疫力を高めるために、しっかりと栄養を摂って元気を充実させる必要があります。

血液を養う

秋から冬は昼の時間が短くなり、夜が長くなります。気温が低くて消耗しやすい季節でもあるので、しっかりと睡眠を取って休養したいところですが、血液が不足していると、ぐっすり眠ることが難しくなります。そのためにも血液を養う食材を多く摂りましょう。

潤いを補う

秋がどんどん深まって、空気もどんどん乾燥していきます。寒いだけではなく、呼吸器の乾燥もカゼをひく原因になりますよね。その前に先手を打って、身体にたっぷりと潤いを補ってあげましょう。

10月に入ったら、秋も本番。秋の特徴を捉えつつも、今度は冬を見据えた養生が必要になってきます。ここでしっかりとケアすることで、快適な冬を迎えましょう。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved