養生らいふHack

生きのびるための養生

人はもっと"感情的"になっていいのかもしれない

こんにちは、蓮花(れんか)です。感情的であること‥あまり良いイメージが湧かないですよね。でも、もっと感情に左右されていいと思うんです、私たち人間は。

f:id:lotas48:20170423155304j:plain

 

からだと感情

以前こんな記事を書きました。 リンク 感情もからだの一部だということ、からだには感情を受け止め処理する役割があること‥をお話ししました。

 

lotusflower.hateblo.jp

 

からだとこころは密接に関わっている

からだとこころが相応するということは、互いに影響しあうということ。感情を受け止めるのもからだの仕事なのです。だから大丈夫。

感情が豊かなことはからだが問題なく稼働してる証し。だから、こころに湧き上がる感情を抑え込んだり、喜怒哀楽を表現することを抑制したりしなくていいんです。

感情を記録しよう

今日は何を考えましたか?どんなことに怒り、何に喜びましたか?そんな感情もすべて、何かに記録してはいかがですか?

からだとの関係がわかるかもしれない

こころの起伏と共に、体調も一緒に記録すれば。からだとこころの関係性がより深く見えてくるかもしれません。

こんな感情はからだにこんなふうに影響するんだな‥こんなことがわかるようになれば、もう立派な養生上級者です。

世界は美しさに満ちている

私たちのまわりには、美しいものがたくさんあります。豊かな自然なのか、都会の風景なのか、大事にしている宝物なのか、大切な人の笑顔なのか。それは、人それぞれ。

でも共通していることは、美しさは感情を豊かにしてくれるということ。

感情をのびのびと表すことで、こころだけでなく、からだも正しく営みを続けることができる、ということ。

そしてその美しいものに囲まれて暮らす幸せというのは、全ての人に与えられた贈り物だ‥ということ。

今日を切り取る

頂いた贈り物に感謝しつつ‥今日みつけた幸せを、美しさを、どうぞ切り取ってみて下さい。はっと息をのむような光景とか、夢のようにおいしい食事とか、愛おしい家族の笑顔とか。

タスクや日記や体調記録と共に、ぜひ記録することをお勧めします。

今を生きる

今日という日は、もう二度と巡ってはきません。今日が終われば、また新しい次の日が始まります。生きるということは、そのことの繰り返しです。

1日1日を大切に生きたい‥だから、かけがえのない"今"を切り取り、記録する。これは人生の素晴らしい宝物になると思うのです。 感情は、思いっきり出して。思い出は記録して。そうして、また新しい1日を始めましょう。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved