養生らいふHack

生きのびるための養生

まだ"滞らせて"消耗してるの?‥養生3つのルール

こんにちは、蓮花(れんか)です。養生3つのルール、3つめ。滞らせないとはなんのこと??

f:id:lotas48:20170425205330j:plain

lotusflower.hateblo.jp

滞らせないって何を?

身体の中には、内臓や骨といった動かないものと、血液やリンパ液や脳から発信された神経信号などの、常に流れるように動いているものがあります。それらの流れを滞らせてはいけないのです。

滞らせると、身体はどうなるの?

血液が滞ると、静脈瘤や動脈硬化など恐ろしげな病気の名前が聞こえてきます。

リンパの流れが滞ると、水分代謝がうまくいかずにむくんでしまいます。

脳からの神経信号が滞ると、もはや麻痺です。

流れているはずのものが滞る‥それだけで身体に起こりうる症状は、なんだか深刻そうです。

滞らせると、心はどうなるの?

心の状態は、実は筋肉の動きとも関係しています。どちらにも血液が深く関わっている為です。

もし今あなたが「ストレスが溜まってる」状態だと自覚できるのであれば。脇腹を伸ばしてみて下さい。思ったより張っていませんか?

血液やリンパが滞ると、筋肉にも影響が出ます。心の巡りを滞らせると、ストレスが溜まるだけでなく、身体の不調も招いてしまうのです。

滞らせないためには?

滞らせると、身体にも心にも影響を及ぼします。では滞りをなくして巡りのいい身体にする為には、どうしたらいいのでしょう?

冷やさない

なんだかもう堂々巡りになりますが、身体が冷えることで、色々な流れも悪くなります。冷やさないことは、消耗しない為の第一条件でもあるのです。

溜めない

‥すみません、何度も同じこと言って。でも本当にそうなんです。色々と溜まるから、巡りが悪くなって滞るのです。排水溝のパイプと同じです。

冷やさなくて溜めなければ、巡りは保たれるのです。

いい香りを嗅ぐ

身体の中の流れは、基本的に"上から下"です。それが阻害されると巡りの流れが狂います。

いい香りのするもの‥生薬でも果物でもアロマでも。それらはこの"上から下"の流れを整えてくれる作用があるのです。

アロマの香りなどは、嗅ぐとすっきりとリフレッシュできますよね。あれはイメージだけでなく、本当にそうなのです。アロマテラピーというのは、身体のそうした習性に従ったものなのです。

3つのルールを叩き込む

身体を冷やさずに、いいパフォーマンスをしてくれる体温を維持する。排出が追いつかなくて老廃物を溜め込むほどの過食をしない。この2つができれば、3つめのルールもできたも同然です。

そして3つのルール全てを実行できれば、少なくとも風邪をひかない程度には養生できるのです。

考えてみれば、カンタンなことです。カンタンなことを怠って、身体の健やかさを消耗してる場合じゃないですよ。本当に。


あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved