養生らいふHack

生きのびるための養生

陽が傾いたらスローダウン‥養生タイムスケジュール後編

こんにちは、蓮花(れんか)です。養生タイムスケジュール、今回は"陰"の時間帯です。

f:id:lotas48:20170425191203j:plain

 午後は"陰"

前回ご紹介した"陽"の時間帯が終わると、"陰"の時間帯がスタートします。

暖かい昼間から冷たい夜へ。身体の中ではどんなことが行われているのでしょうか。

昼から午後

昼の"陽"から夜の"陰"へのスイッチが始まります。

11時から13時

昼食の時間であると同時に、"陽"から"陰"への切り替えが始まる時間帯です。

この時間帯にするべきこと、してはいけないこと

お昼ご飯をしっかり食べましょう。"陽"が極まるこの時間帯は、いちばんカロリーを消費します。なのでしっかりと栄養を摂ることが重要です。

13時から15時

昼に食べたものを分別します。栄養をしっかり吸収し、不要なものを排泄へと送る時間帯です。

この時間帯にするべきこと、してはいけないこと

胃腸が活発に活動しています。そのぶん脳への血流が少なくなって、眠くなる時間帯でもあります。

可能であれば‥なのですが。軽い昼寝をすると胃腸の働きが良くなります。

脳にあまり血液がこなくなってますから、頭を使わないですむ単純作業の時間帯にするのもいいですね。

午後から夜

"陰"の時間帯になったとはいえ、まだ陽射しがあり温かい時間帯です。

ここの過ごし方が、夜の時間帯の快適さを決めるのです。

15時から17時

積極的に水分を摂りたい時間帯です。

なぜならば、前の時間帯で行われた消化吸収によって、ほんの少し毒素(排泄物)が発生しています。

水分を摂って尿による排出をするが望ましいのです。

この時間帯にするべきこと、してはいけないこと

まだ暖かさが残る時間とはいえ、どんどん"陰"の要素は強くなっています。

なので冷やさないことが重要。

3時のティー・タイムには、ぜひ温かいお茶をどうぞ。

17時から19時

夕食の時間です。ん?と思われた方、もう一度言います。夕食の時間です。

ここで夕食を摂るのは、殆どの人にとって無理だということはわかっています。でも胃腸は夕食を欲しているのです。

ちなみにこの時間帯で摂るべきなのは、身体をつくる栄養のあるもの。炭水化物ドカン!とかではありません。

良質なたんぱく質などをゆっくりといただくのが理想です。

この時間帯にするべきこと、してはいけないこと

無理ですよね、わかってます。みなまで言うな。

こうしてはどうでしょう?夕食を2回に分けるのです。

本当の夕食を摂るのが、もっとずっと後になっても、ここで栄養のあるものをほんの少し食べておくのです。

そうすれば、お腹が空き過ぎて遅い時間にドカ喰い‥なんてことも防げます。

お勧めはナッツなどの種実類。お腹に溜まるし、この時間帯に必要な栄養も摂れます。

夜から夜中

ここは1日のグランド・フィナーレ。レースで言えばウィニング・ランです。華々しく締めくくりましょう。

19時から21時

ここは、楽しむ時間帯です。家族団らんとか。楽しいテレビを観て笑ったり。心に良い刺激を与える為の時間です。

この時間帯にするべきこと、してはいけないこと

前の時間帯で夕食を食べられなかった場合、せめてこの時間帯には食べて欲しいです。

そしてこの時間に食べるなら、あまり重くないものを。たんぱく質と野菜を煮込んだスープやシチューなどがおいしそうですね。

楽しむ時間でもあるので、ゆっくりとおしゃべりしながら。ひとりの食事でも、リラックスして楽しみながら食べることが重要です。

それともうひとつ。この時間帯には、あまり怒らないで下さい。怒る人も、怒られる人も、楽しくありません。

お子さんに注意をしたり、家族の間での行き違いを正したり、時には怒りの感情を表に出すこともあるでしょう。

でも、できれば、この時間帯じゃない時に先送りしてみて下さい。

ここでの気持ちの持ちようが、この後の時間帯、ひいては1日のクオリティをものすごく左右するのです。

21時から23時

リラックスの時間です。次の時間帯は、理想を言えば眠りについていたい時間です。その準備の為に過ごします。

この時間帯にするべきこと、してはいけないこと

ここでして欲しくないことは、脳に刺激を与えること。

仕事のことを考えたり、騒がしいテレビ番組を観たり。そんなことは避けたい時間帯です。

"陰"の時間帯のまとめ

いかがでしたか?食べたものを消化したり‥という"陽"の時間帯に比べると、"陰"は少しおとなしい印象かもしれません。

陽射しがあって暖かい時間帯に活発に活動し、温度が下がる夜の時間帯にはスローダウンしていく。身体って本当によくできていますよね。

陰陽ライフログをつけよう

養生的には、時間帯ごとの行動記録をつけておくことをお勧めします。全部の時間じゃなくてもいいんです。朝、昼、夜、このくらい。食べたものと、行動の記録。これでOKです。

これだけで、あなたの暮らしは陰陽のリズムで動いていることを実感できると思います。まずは、そこからスタートしてみてはいかがでしょうか。


あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved