養生らいふHack

生きのびるための養生

柔らかな春の雨‥『穀雨』

こんにちは、蓮花(れんか)です。4月20日は、二十四節季の穀雨です。

f:id:lotas48:20170423203214j:plain

 

‘春雨降りて百穀を生化すれば也’(暦便覧)

田植えが始まり、それに合わせるように柔らかな春の雨が降り、穀物の成長を助ける時期です。

この頃から、変りやすかった春の天気も安定し、日差しも次第に強まってきます。 春の雨が全ての穀物の成長を助けるといわれ、穀物などの種まきに最適な時期です。田植えの準備も本格的に始まる頃となりました。

穀雨立春から数えて六番目の節気。早いもので次の節気は立夏、すなわち夏が訪れます。 季節といえば、春夏秋冬という四季が一般的ですが、これらに土用を加えたものを五季(ごき)と言います。

土用とは新しい季節の始まる前の約18日間のことをいい、今はちょうど立夏の前の春の土用の期間に入っています。

土用は、万物を生育させるエネルギーを持った土の時期と考えられ、土を人間の体の臓器に当てはめると、食べ物を受け入れ消化する胃腸にあたります。

なので、この時期に胃腸を労わっておくと、夏を元気に過ごせると言います。刺激物を避け、消化のよいものを選び、ゆっくりと味わって食べるように心がけましょう。

胃腸を養う春の味覚

今の季節のおいしいものは、春キャベツ。甘くてみずみずしい春の野菜です。

薬膳的には、冷やしも温めもしない、平らかな性質を持っています。胃腸にやさしく働きかけ、消化吸収を促し、疲労回復、血栓予防にも効果があるそうです。

cookpad.com

これから湿度や気温がが上がれば、確実に胃腸の負担になります。そんな梅雨~夏も元気に過ごせるよう、今から養生で先手を打っておきましょう。

 

あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved