養生らいふHack

生きのびるための養生

宇宙(そら)と私の間には

こんにちは、蓮花(れんか)です。最近、空を見ましたか?

f:id:lotas48:20170425230413j:plain

養生ってなんだろう?

養生の基礎になっている漢方。古代から続く医学です。

今ならば当たり前の、最新鋭の医療ツールが開発されるずっと前から、多くの人の命を救ってきました。

漢方薬を調合する為の本草学。それを食生活に応用した薬膳。

身体の仕組みを理解し、病気と治療法を見極める為の独特の内科学。

それらの知識をベースに養生法は発展してきました。何千年もの昔から。それはとても偉大なこと。

ほんとにそこ?

身体の機能も、生薬や食品の効能も、大切なのですが。

最近ずっと思っているのは、養生ってもっと自分の内側にあるんじゃないか‥ということ。

私のまわりの宇宙

自分の身体の内なる声に耳を傾ける、自然のうつろいに目を向ける。人類は自然に属しているので、まずそこに着目することが養生の第一歩。

私たち人間は、動物です。工場で作られる機械では、ない。

動物は、自然に属しています。自然は地球に、そして宇宙に属しています。

私たちの身体の営みが、自然の営みに組み込まれ、それは地球の、そして宇宙のリズムとなる。

その逆も然りで、宇宙の一部が地球で、その中に自然、またその中に人間。私たちの身体は、それ自体が小さな宇宙なのです。

自然を知る

‥とはいえ、今の時代の私たちは、どのくらい自然のことを知っているでしょう?

知ることは受け入れること

朝に陽が昇り、夜に沈む。

月が満ち、そして欠ける。

海に潮が満ち、また引いていく。

春に風が吹き、梅雨に雨が降り、夏に陽が差し、秋に実りを迎え、冬に寒くなる。

これらは全て自然のリズムです。それを私たちは、知っています。でも、受け入れていますか?

秋の日没時間がどんどん早くなることに本気で苛立ったり、洗濯物が乾かない梅雨なんか無ければいいのにと思ったり、冬の寒さとかいらなくね?‥と思ったことはありませんか?‥私はあります。寒いのキライ。

自然の営みにムダなし

私たちは、ムダなことをいっぱいしてしまいます。人間だもの。しょうがない。

でも自然は違います。大自然のシステムにはムダなことはありません。冬が寒いのも、梅雨に雨が降るのも、陽が沈むのも、月が満ち欠けするのも、全てに意味があるのです。

いくら洗濯物が乾かなくても、梅雨にしっかり雨が降らないと、稲作が立ち行かなくなってしまうのです。私たちにたっぷりのお米を食べさせてくれる為に、宇宙は雨を降らすのです。

便利と摂理は違う

私たちの暮らしは、古代に比べれば便利になりました。それはとても良いことです。

でも、自然の摂理は、変わらずに今も続いています。生活が便利になったので、摂理のほうも変更しましょう、というわけにはいかないのです。

私たちの"便利な生活"から眺めると、ちょっと面倒に見える自然の営みも、大きな宇宙のリズムから見れば、理にかなってムダの無いシステムなのです。

そして、養生とは

だから、五感を研ぎ澄ませ、身体の声に耳を傾ける。いま私はどんな状態なのか?何を欲しているのか?何が不快なのか?

そうして今度は、身体の外へ視線を移す。気温は?湿度は?風は?それらは、身体にどんな影響を及ぼすのか?

身体という”小宇宙”がうまく回っていく為に。中の状態にも外の状態にも気を配ること。これこそが、いちばんシンプルな養生のかたちなのではないか‥と思うのです。

自然を知ろうとし、理解し、受け入れる。宇宙(そら)と私の間の距離を少しでも縮めようとする。それが養生ということなのかな‥と、今は思います。

lotusflower.hateblo.jp


あなたの心と身体が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Copyright (C) 2013-2017蓮花(れんか), All rights reserved